英語のショウタイ × 百年ゆ宿 旅館大沼
そういうことだったのか!誰も教えてくれなかった英語のショウタイ
8/8(水)〜8/9(木) 1泊2日宿泊セミナー
(日帰りでの参加も可能です!)

年々身近に迫る英語というプレッシャー、どうにかしたいがどうしてよいかわからない、英会話スクールに通ったり、たくさんのテキストを買ってはみたものの前進は見られず、またそこで足踏みが始まる。でも、もう英語からは逃れられないのではないか。。。とお気づきのあなた、この夏、思い切って殻を破り、英語との距離をぐんと縮めてみませんか?

私たちが学校の授業で習ってきた英語は、まるで、「何年もかけて、テキストを使い交通ルールを暗記すれば、車の運転ができますよ」と言われてきたようなものです。
多くの方が「英文法」こそが英語の基礎であると誤解してしまっています。
日本語と英語はかけ離れた概念でできているため、日本語のフィルターを通して英語と付き合い続けることは、目の前の壁をどんどん高くしてしまうことにつながります。

「英語のショウタイ × 百年ゆ宿 旅館大沼 宿泊セミナー」では、じっくり1泊2日/6時間、これまでの英語の認識をがらりと変える、英語職人ならではのアプローチで英語を体感していただき、更に、百年ゆ宿旅館大沼の湯につかっていただきながら、分厚くなってしまった目のウロコをきれいに流し落としていただきたいと思います。

英語のショウタイに触れることは、新たな世界観に触れること。この宿泊セミナーで、心身ともに新たな自分と出会い、日々の生活やお仕事に更なる活力を与えるきっかけになればと願っております。

セミナーご案内(このプランは満席となりましたので受付終了いたします。)

日時 2018年8月8日(水)〜8月9日(木)
第1部 8/8 13:00〜17:00(4時間)
第2部 8/9 10:00〜12:00(2時間)
場所 旅館大沼【旅館までのアクセス
参加費 【宿 泊】25,000円(税込・1泊2食付、セミナー代含む)
【日帰り】15,000円(税込・セミナー代のみ)
※日帰りは両日参加できる方のみ承ります。
  • 現在の英語レベルは問いません。観光業に携わる方はもちろん、お仕事で・プライベートで英語との距離を縮めたい方どなたでもご参加いただけます。
  • 英語学習経験者の方はこちらの「英語総合プログラミングチェックリスト」も参考にしてください。

<五代目湯守よりひとこと>

英語は中学校から学んできたけど、結局ものにならなかったし、たぶん私の人生には必要のないものだと思っていました。

ところが人生も折り返しを過ぎた今、突然のインバウンドの波。半端ないです!

これは義務というよりは、業務上やらざるを得ない状況。でも、また散在を尽くした英会話教材に手を出す気にもなれず、どうしたものか、と思っていた矢先。

出会ってしまったんです、英語職人・オールライト千栄美さんが主宰する「英語のショウタイ」。

昨年、鳴子で数時間のセミナーを開催しましたが、それだけで目からウロコがとれまくり。そうだったんだ、英語って!上達するわけないよねワタシ・日本人!

ということで、今回この感動の英語体験をよりディープに味わいつくすために開催します!「英語のショウタイ×百年ゆ宿 旅館大沼」スペシャル合宿♪

ともに英語を身につけて、世界に挑戦しませんか?集まる人も熱い合宿にしたいと思っています。あなたの参加をお待ちしています(^^)/

もちろん、日帰りでの通いもOKです!お気軽にご相談ください。

旅館大沼
五代目湯守
大沼伸治

英語職人 オールライト千栄美 プロフィール

「え!そういうことだったの?!」が連発の、脳内改革レッスンを英国よりオンラインで提供。通常レッスンは順番待ち、その秘密は【英語のショウタイ】を見極めた独自のレッスン理論/方法。日本人の大人が、英語で情報処理をするための脳内プログラミングを得意とする。
宮城県出身。英国南部在住。3児の母。
»オンライン英会話レッスン with Chiemi Allwright

セミナー内容

1) なぜ日本人はこんなに英語で苦しむのか?
  • 中高6年間の英語教育があなたに残したものは?
  • 暗記学習がもたらす思考停止
2) 英語の法則を知る
  • 日本語のフィルターを取り除いて英語を見ると、見えてくるものは?
  • 「理屈」と「核心」を理解することで、英語を府に落とす
  • 暗記ではなく、コツをつかむ方法
  • 「じゃがいも=カレー」回路の解除
3) 脳内の英語情報を新たに紐づけする
  • 「こちらへどうぞ」と伝えたい時に、"This way, please."と言いたくなりませんか?
  • 「おかけになってお待ちください」と伝えたい時に、"Have a seat, please."と言いたくなりませんか?
  • 「いらっしゃいませ」= May I help you ?と記憶していませんか?
  • 『三種の神器』を脳内にインストール
4) 日本語の視点、英語の視点
  • 日本人ならではの英語の間違いに気づく
  • 「日本語の丁寧」と「英語の丁寧」の大きな違い
  • 日本流の良さを活かしつつ、英語でスマートに会話する
  • 「日本人のおもてなし、外国人の余計なお世話」とは?