2011地大豆湯治@鳴子温泉郷とは

遊休農地を開墾した畑で地豆を育て、温泉でゆったり汗を流しましょう!
土と温泉で命を育て養う地大豆湯治@鳴子温泉郷は、仲間とつながる農バカ(農のあるバカンス)です。

「半農半湯」という
新しいライフスタイル誕生!

遊休耕地に地大豆の種をまき、育成、収穫、加工までを自分たちの手で行う自給型のライフスタイルを1200年の歴史を持つ古湯、鳴子温泉郷から発信します。
土で放電、温泉で充電。これからは湯治場でアース&チャージの時代です!

農業の衰退と歩調を合わせるように日本古来の伝統的保養文化である湯治も衰退の一途をたどっています。

そんな中、私たちは2004年から地元の農家さんと一緒に、米作りと湯治を組み合わせた「田んぼ湯治」を行ってきました。みんなで小さな田んぼを囲み、1年かけて手作業で無農薬のお米を作ります。田んぼ仕事の後は、とれたて野菜を使った農家さん手作りの昼食でお腹を満たし、東鳴子温泉の温泉でゆったり汗を流します。

たくさんの人に愛され5年間続いた「田んぼ湯治」でしたが、2009年の元日、指導農家の高橋耕司さんが79才で急逝し、残念ながら終了することになりました。

今回、「地大豆湯治@鳴子温泉郷」をはじめることになったきっかけは、平成19年3月4日に行われた、鳴子の米発表会「春の鄙(ひな)の祭り」にNPO法人トージバの事務局長・神澤さんがいらしていて、「現代農業」編集主幹の甲斐さんから紹介を受けたのがきっかけです。

トージバさんは半農半Xというスタイルを都会から発信しており、中山間地の湯治場で農業や湯治を守っている私たちの動きとうまくリンクできれば楽しいですねという話で盛り上がりました。

それから丸2年が過ぎ、2009年の2月にトージバの代表の渡邉さんと神澤さんが鳴子を訪ねてきてくれ、彼らが全国で地大豆を植えようと呼びかけている「大豆レボリューション」に、私たちもリアルの湯治場として参加させてもらうことにしました。

彼らとは、トージバという名前や、半農半湯スタイルの「田んぼ湯治」を「大豆レボリューション」と同じ2004年からスタートさせていたこと、また、代表の渡邉さんがお勤め時代、数年古川(現大崎市古川)に住んでいて鳴子の温泉にも通っていたことなど多くの共通点があり、この混迷の時代において自分たちの特長を活かしながら全国そして世界を舞台に楽しいことができるような予感がしています。

特定非営利活動団体 トージバ http://www.toziba.net/

大豆レボリューションblog 大豆レボリューションブログに「地大豆湯治@鳴子温泉郷」の畑仕事の様子や大豆の成長の姿が載っています。是非ご覧下さい!

年間スケジュール

畑スケジュールに関しましては、天候や生育状況によって左右される部分がありますのでご了承ください。

2017年度スケジュール予定
6月11日(日) 種まき大作戦
6月18日(日) 苗植え大作戦(立派な大豆ができますように!)
6月25日(日) 草取り大作戦その1(畑仕事は草取りが命です!)
7月09日(日) 草取り大作戦その2
7月23日(日) 草取り大作戦その3
8月06日(日) 草取り大作戦その4
8月13日(日) 草取り大作戦その5
8月27日(日) 草取り大作戦その6
9月03日(日) 草取り大作戦その7
9月24日(日) 枝豆カーニバル(収穫してすぐ茹でた枝豆でのビールは最高!)
10月下旬〜11月上旬 収穫と乾燥(収穫後、大豆を自然乾燥)
11月〜12月 脱穀(棒をつかって原始的に!)
2月 手前みそ作り(収穫した大豆で手前味噌作り)
参加について
参加について オーナー制となっております。年間1口5,000円です。
【オーナー特典】
・収穫物(味噌など)がもらえる
・イベントにオーナー優待料金で参加できる
・旅館大沼の年間入浴パスポート3,000円→2,000円の特別価格にて提供
【オーナー条件】
1) 積極的に作業に参加すること
2) 一般参加者と垣根を作らず楽しく交流していただくこと
責任をもった自律的行動での参加をお願いします。
※オーナーでない方も、スポット参加が可能です。お気軽に参加ください。
※畑仕事のスケジュールや収穫した大豆の分配量に関しましては、天候や生育状況によって大きく左右されますので、あらかじめご了承ください。
はたけ 鳴子温泉郷 石の梅地区 宿みやま クラインガルテン
〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉字要害91[地図] 電話:090-2994-7196
地大豆の品種 1) 宮城の在来種、こくがあって美味しい「くるみ豆」…味噌づくり
2) 宮城の在来種、枝豆も抜群にうまい「じゃこう豆」…枝豆
作業参加費 ※草取り等、作業の参加は無料(おやつ、昼食は各自持参となります)
※イベント時にはそれぞれ参加費がかかります。
 【6/11 種まき大作戦】2,000円 ※オーナー優待料金1,500円
 【9/24 枝豆カーニバル】3,000円 ※オーナー優待料金2,000円
 *小学生の方は半額、幼稚園以下無料、それぞれ昼食・入浴代込みです
作業の服装と持ち物 動きやすく汚れても良い作業着が望ましいです
タオル、長靴、軍手、雨具(雨天時)、虫除け、メガネ、マスク(脱穀時)
※持ち物に関しましては、各自での用意となります。
作業開始時間 毎回基本的に10時からみやまさんの畑で開始しています。
温泉の入浴について 作業後、参加者は割引料金で「旅館大沼」の温泉を利用できます。(400円)
地大豆湯治以外の時でも使える、旅館大沼限定の「年間入浴パスポート」3,000円
(オーナーは特別価格2,000円)もご用意してあります。
交通のご案内 仙台からお越しの場合は鳴子直通の高速バスが便利です。(1,300円)
下車は東鳴子赤湯で降りていただき、旅館大沼までお越しください。
畑の往復に「トライク」という三輪自転車を無料で貸出いたします。
»旅館大沼までの交通アクセス
問合せ 何かご不明な点がありましたら、地大豆湯治@鳴子温泉郷・コーディネーター大沼伸治までご連絡ください
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34番地  電話:090-7660-3725

地大豆湯治@鳴子温泉郷 オーナー申込みフォーム

みんなで大豆を育て、温泉でゆったりしませんか?
オーナー希望の方は下記フォームよりお申し込みください。

ご住所:  
[必須]氏名:
ふりがな:
年齢:
性別:
[必須]携帯電話(電話番号):
※市外局番もお忘れなくご入力下さい
[必須]メールアドレス:
希望口数: 年間1口 5,000円× 口
お問い合わせ内容:

▲メニューへ